弁護士による医療機関(病院・診療所)の相続・事業承継のご相談

片山総合法律事務所の特徴


 

医療法の改定により、医療機関の経営環境は大きく変わりつつあります。

多くの院長、理事が事業承継問題にお悩みなのではないでしょうか?


当事務所でも多くの院長、理事よりご相談をお受けしており、多数の医療業界における事業承継問題を取り扱ってきました。
監事や法律顧問として理事会に出席する等、病院を内側から見ることが多かったことから、理事長・院長の抱える様々な問題に対応できます。

医療機関の承継問題は独特の問題を含んでおり、高い専門性、知識、ノウハウが必要とされます。
また、問題の解決には法的観点と税的観点、両面からのサポートが不可欠です。

我々は医療機関の事業承継問題について専門性の高い税理士事務所とも組み、税的観点からのサポートも重視しています。

法律上の問題は勿論、経営戦略や人事の問題等について、理事長・院長の良き相談相手になれるように日々研鑽しております。

当事務所の執筆、講演実績

・セミナー
「税制改正が医療機関に与える影響と対処法」
主催 片山総合法律事務所

・セミナー
「相続税制改正後の事業承継問題について」
主催 片山総合法律事務所
  

・講演
「税理士が知っておくべき破産、再生の手続き」
主催 金融財務研究会

・執筆
「医療機関の事業承継と再生」について執筆
医学雑誌「病院」 (医学書院)

・執筆
帝国ニュースにて「企業の破産と再生」について執筆
帝国データバンク

・出版
 「医療機関の事業承継と再生」
中央経済社